住み着く

コウモリは日本人にとって馴染みのある存在でもあります

コウモリは、西洋の文化が入る様になってから物語や映画のイメージ等から少しずつ陰鬱なイメージが定着していきます。現実に屋根裏や戸袋に多数のコウモリが住みついている状態を見れば、益獣とは言えそのままにしておく気にはなれないです。悪臭を放つ糞害が酷くなる前にコウモリ駆除をする必要があります。忌避スプレーで追い出す事が必要ですが、一時的な効果しかないので完全にコウモリ駆除をする事はできないです。コウモリを見かけた時点で直ぐにコウモリ駆除業者へ相談した方が安心です。短期間で効率的なコウモリ駆除をしてくれます。

料金体系が明確な業者を選ぶ事が必要です

コウモリの被害はそれ程古くからあるものでは無いです。高度経済成長の頃から自然が破壊されていく過程で住む場所を失ったコウモリが住み心地の良さから屋根裏を選び始めます。地域によっては環境の変化が著しい所も多く、更にコウモリの被害が増える事が予想されます。コウモリは僅か2センチから3センチ程度の隙間から出入り可能です。これらの隙間を丁寧に埋めていく作業が基本となります。コウモリ駆除を依頼するには実績があり、信頼できる業者を選ぶ必要があります。まずはいくつかの業者から見積もりを取る事から始めます。初期費用の安さだけで安易に契約せずに、追加料金等についても確認します。慎重に比較検討して決断する事が必要です。優良業者は長期の保証期間を設定しているので、選ぶ際の基準とする事が必要です。